家具の廃棄と買取

その他の家具

いらなくなって処分に困る家具にお仏壇があります。

私の友人は、義実家の援助もあって家を建てたのですが、お姑さんが「仏壇は我が家で以前使っていたのを持って行くように」と言ったそうです。たしかに義実家では大きな立派な仏壇を買ったので、以前の仏壇は物置に入っています。

それを持って行くように言われて驚いていたら、さらに「ついでに仏様も2、3人付けてやる」と・・・・。

家を建てる費用を義実家にだいぶ出してもらっていただけに、なんと言って返していいのか返事に困ったそうです。

ちなみに、買取業者と最近はやりのリサイクルショップは、似ているようで内容はまるで違います。買取業者の多くは交換市場にそのまま荷物をおろす業者が多く、したがって、比較的きちんと買ってくれます。

リサイクル屋さんと違って、古いものも理解してくれるようですが、ただし、お仏壇は買取ってはもらえません。

昔の大きな家を建て替えるときなど、物置や納戸にしまってあった雛人形や5月人形が買取業者に持ち込まれる例がありますが、年代物とか市松人形の場合は、比較的高く買ってもらえるようです。

品物によっては買取業者の人も価値が判断できずに困ることもあるそうです。そのようなとき、買取業者によっては業界の交換市場を紹介してくれることもあるそうです。

買ってもらえるかどうか、自分で判断して迷っていないで、買取業者に相談した方が良さそうです。

10年以上たった家具は引き取ってもらえないことが多いようですが、物によりけりですから、諦めずに相談してみることをお勧めします。