家電品の廃棄と買取

洗濯機

洗濯機はなぜか壊れやすいです。他の家電品は耐用年数よりはるかに長く使う私ですが、洗濯機だけは耐用年数まで持ちません。

年ですし、一人暮らしなのですから、使用回数も少ないはずなのにですから、とても不思議です。なので、今の洗濯機は壊れる前に買取に出して新しいのを買った方が得かな?と計算しています。

買取業の方は出張買取もしてくれますし、粗大ゴミ処分もしてくれますから家のなかの整理ができます。

整理しておくと私が死んだとき、私の荷物を整理する子供たちの負担が少なくなっていいと、そんなことを考えています。だいぶ整理はしたのですが、まだまだたくさんあります。

私にとっては大事な物でも、私以外の人には粗大ゴミとしかならない物ばかりです。廃棄処分しかないと思っていたものでも、買取業者に買取ってもらえるものもあるかもしれません。そうなったらラッキー!なんて思っています。

とにかく捨てるしかないと思っていたものが買ってもらえたりします。

なので、私と同じように身辺を整理し始めている友達にも、家具や家電品を慌てて廃棄処分にする前に買取業者に相談してみることを勧めています。

買取業者の仕事の中に、遺品整理というのがあります。

どうせ私は高価な遺品があるわけではなし、お願いしておいた方が息子たちも助かるかと思います。

私のお葬式はいらない、遺骨は沖縄の海へ散骨してもらいたいと息子たちには言ってあります。そして散骨の手続きの仕方を今調べていますし、散骨にかかる費用は別にしてあります。

ここに、遺品整理も買取業者に予約をしておけば、息子たちも助かるでしょう。私のせめても子供孝行になります。冗談でなく、まじめに考えています。